ログイン

手仕事の温もりを
大切にした
永く使える鞄

analogico(アナロジコ)は東京・代々木の革鞄工房です。使う革は、イタリア・トスカーナ州のタンナーで熟練の職人によって手間をかけて鞣されたナチュラルレザー。使い込むほど味わいを増していく、素材の風合いを生かした革製品を作っています。
ブランド名はイタリア語でアナログを意味します。大量生産とは違い、デザインをはじめとした制作工程の全てを、一貫して手作業で行うアナログな鞄づくり。そうやって手間をかけて出来上がる製品には手仕事ならではの味わいが宿り、愛着を持って永く使われるものになると信じています。
アナロジコ ABOUT

40年の歴史を
引き継いだ
analogicoのアトリエ

東京の代々木にある古いマンションの、外階段を下りた一室にanalogico(アナロジコ)のアトリエはあります。
鞄職人だった叔母が40年ほど前から使っていた鞄のアトリエ。この古いアトリエを受け継いで、2015年にanalogico(アナロジコ)が誕生しました。
年季の入った鞄工房を活かし、抜き型やハンマーなどの道具や、たくさんの金具を整理するキャビネット、床のタイルもそのまま使っています。
ミシン、革漉き機、糊付け機、刻印機など、鞄作りに欠かせない機械は40年経った今でも現役です。
永く使い込まれたものや、歴史ある場所には深みと味わいがあります。
analogico(アナロジコ)のテーマである「永く使える鞄」は、永い間使い続けられてきたものから生み出されています。

工房を併設したアトリエショップ

アナロジコのアトリエショップ
アナロジコのアトリエショップは工房とお店が一つになった空間です。
アトリエショップでは、定番商品のほか一点モノや試作品など、オンラインショップでご紹介していない製品も展示販売しております。
店頭に在庫のある商品はその場でお買い求めいただけます。
また、オーダーメイドのご相談もお受けしております。※

※店主の末吉が直接ご相談をお受けしております。末吉が不在の場合は詳細をご相談できないため、オーダーメイドをご希望の方は事前にお電話でご予約ください。
営業日:火曜〜日曜
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜

※臨時休業もございます。ご来店の際は営業日カレンダーをご覧ください。

住所:東京都渋谷区代々木4-41-14 ハイツ参宮橋B102

京王新線 初台駅南口より徒歩3分
小田急線 参宮橋より徒歩7分
JR線   代々木駅より徒歩17分、新宿駅南口より徒歩24分
渋谷駅からバス 京王バス渋63(中野駅行)・渋64(中野駅行)にて16分→バス停「初台坂上」下車、徒歩1分
アトリエショップへの行き方はこちら

アナロジコのメンバー

アナロジコのメンバー

末吉 隼人

(写真中央)
静岡県出身。ビーズアクセサリーデザイナー、舞台美術などの仕事を経て、手作り革鞄工房HERZに入社。10年間鞄職人としての経験を積みました。イタリアでの革の買い付けや開発にも携わり、ナチュラルレザーならではの豊かな風合いを持つイタリア革に魅了され、素材を活かした独自の革製品を作るべく独立に至りました。東京・代々木のアトリエショップにて、商品のデザインから革の裁断、縫製まで鞄作りの全てを手がけています。

末吉 美紗子

(写真右)
東京都出身。東京芸術大学絵画科でアートを学びました。作品作りや展示の経験を活かし、ブランディングやディスプレイを担当しています。現在、instagramをはじめとしたSNSでの情報発信や、ホームページの内容の充実に力を入れています。週末は一歳の娘と一緒にお店にいることが多いです。同じようにお子さん連れのお父さん、お母さん方がお店に来てくれることが嬉しい今日この頃です。

みなみ

(写真左)
埼玉県出身。アナロジコの社員第一号。お客さんとしてアトリエショップに訪れ、裁断やコバ磨きなど、すべて手作業で行うアナログな鞄づくりを間近で見て感動。ものづくりの世界に身を置く決意をして入社し、日々修行中です。現在は、定番商品を作るだけでなく、新作づくりにも励んでいます。彼女の作った小銭入れ付きキーケースフラップミニ財布は、アナロジコでも人気の商品になりました。