analogico 2nd anniversary

 

analogicoは、2015年の10月にブランドを立ち上げてから、おかげさまで2周年を迎えました。
お客様、応援してくれた前職の仲間や友人、発注いただいたショップの方々など、たくさんの人々に支えられ、今日まで制作を続けることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも手仕事を大事に、おもしろいレザーアイテムを新しく生み出していきたいと思います。
今後ともご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

アナロジコのこれまで

analogico立ち上げ

仕入れた様々な革や、デッドストックの革を使って試作品をいろいろと作っていました。当面の課題は、定番商品の開発と、革の安定的な仕入れでした。
この頃、アナロジコの代表作である四角リュックが完成し、TBS火曜ドラマ『ダメな私に恋してください』の第1話で使用されました。
反響は大きく、たくさんの四角リュックが売れました。現在も一番の人気商品となっています。
Webサイトをオープンし、オンラインショップでの販売をスタートしましたが知名度がないため、当初はアクセス数も少なく、ほとんど売れませんでした。
しかし、いくつかのショップがanalogicoの商品を扱ってくれ、支えていただいたおかげでなんとか続けることができていました。

オーダーメイドの注文

多くの方々にオーダーメイドの注文をいただきました。永く使うものだからこそ、自分のこだわりや使い勝手を盛り込んだ製品を作ってほしいというご要望にお答えするべく、様々な製作をしました。その仕事の中で、新商品開発のアイデアやヒントを得たりすることもあり、貴重な経験でした。手渡したときのお客様の喜びの声が、なによりの励みでした。

イベント出店

全く知名度のなかったanalogicoは、より多くの方々に知ってもらいたいという思いで多数のイベントに出店してきました。そこで出会ったお客様が後日アトリエに出向いてくれることもあり、徐々にですがanalogicoを知っていただけるようになってきました。

イタリア革の仕入れ

イタリア大使館貿易促進部にて行われた「トスカーナ産植物タンニンなめし革」の展示会にて、La Perla Azzurra社のマッシモ氏と再会し、 革の仕入れが可能になったことで、イタリアンレザーのミッスーリ、ダコタをanalogico定番商品の革に採用しました。analogico製品は、この革の品質の良さを大きな特徴としています。

ランドセル製作

2016年5月にランドセルの初期型が完成しました。その後改良を加え、今年は昨年の4倍の個数を製作しています。部材や工程が多く、技術的にも難しいので、製作には時間がかかり、とても大変ですが、完成を待ってくれている子供たちの笑顔を思い浮かべながら、頑張って手作りしています。

多数のメディア掲載

テレビドラマや映画の道具としての採用や、多数の雑誌掲載のオファーをいただき、analogicoの名前も少しずつ知られるようになりました。手作りの少量生産ですが、お客様に気に入っていただき、温かいお言葉をいただくこともあり、大変嬉しいかぎりです。

新しいスタッフ

ずっとひとりで製作を頑張ってきましたが、どうしても製作が追いつかなくなってきて困っていた折、みなみさんが職人見習いとしてanalogicoに入ってくれました。厳しい指導にもめげずとても熱心に取り組んでくれています。きっと立派な職人として成長してくれることでしょう。analogicoはより多くの製品を作れるようになり、お客様にお届けできると思います。どうぞ今後にご期待ください。

analogico