ログイン
革について/LEATHER
革について/LEATHER
イタリアンレザーを主とするナチュラルレザー

イタリア・トスカーナ州で作られるナチュラルレザー

アナロジコで使用する革は、イタリア トスカーナ州サンタクローチェの歴史あるタンナー、La Perla Azzurra(ラ・ペッラ・アズーラ)社Missouri(ミッスーリ)Dakota(ダコタ)など、厳選したナチュラルレザーを使用しています。ナチュラルレザーは植物タンニンなめしでつくられた、革の風合いをありのままに活かして作られた革のことです。ひと目で本革と分かる表情豊かな自然な風合い、高い上質感と風格、天然レザー特有の香りや滑らかな手触りが特徴です。動物の生きた証とも言える傷痕やシワ・血管や毛穴の痕などの自然の刻印がそのまま残されるため、表情がとても豊かで個性的になります。そういった自然の表情をそのまま活かした革こそ、本来の革の良さだと思っています。

アナロジコの使用するイタリアンレザーのハイクラスな品質は、イタリア植物タンニンなめし革協会によって保証されています。その素材の良さは手にとって見ていただければきっと感じていただけます。

丈夫で長持ち

ナチュラルレザーは丈夫で長持ち

ナチュラルレザーは線維がキュッと締まっているので、たいへん頑丈な革です。使い込んでゆくと徐々に繊維がほぐれて柔らかくなり、クッタリと馴染んできます。革の表面をコーティングするなどの加工をしていないため使用中に傷も付きますが、丁寧に手入れをしながら使うことにより長く使える革です。使い込む過程で付いた傷も革の味わいになっていきます。

自然の風合い

自然の風合い

ナチュラルな仕上げの革であるからこそ、牛が元々持っていたシワやたるみ、キズ、血管、毛穴などの痕跡がそのまま現れます。ナチュラルレザーは表面加工をほとんど施さないので、これらの痕跡が他の革よりもはっきり現われ、それが一枚一枚の革の個性や味わいになります。

味わい深い経年変化

味わい深い本革の経年変化

革は日焼けしたり、ケアオイルや手の脂が染み込むことなどによって、色がより深いものへと変化します。じっくりと皮を鞣す工程で含ませたオイルが、使い込むうちに徐々に革の表面に染み出し、これが磨かれることで独特のじんわりとしたつやが出てきます。

ただ古びてゆくのではなく、年季が入るほど味わいを増し、革を持つ喜びを堪能させてくれます。


革職人 植物タンニンなめし革

アナログな技法だからこそ作れる本革

植物タンニン鞣し(なめし)は先史時代にまでさかのぼることのできる、きわめて古い歴史をもつ加工法で、この革鞣し工程の基本はタンニンの使用にあります。タンニンが有効成分となって動物の皮の真皮を耐久性のある革に変化させるのです。タンニンは多くの植物に含まれており、樹皮、木質部、葉、根、或いは果実の中に存在しています。
最も古くから知られているのは栗から採取したエキスで、革を硬くする特性を持つため現在では主に靴の底革を鞣すために使用されています。最も広く鞣しに使われているのはケブラチョというアルゼンチンに生育する木から採取されたタンニンエキスです。ケブラチョの樹皮からは赤みがかった粉末のエキスが作られます。これを使うことで、革に特徴的な暖かいトーンを出すことができます。植物タンニンなめし革のもつ自然な風合いはタンニンによって作り出されているのです。
トスカーナのタンナーは当時と変わらず、こうした古代の革鞣しの技法を今に伝え、忘れ去られることがないように、日々努めています。父から子へ受け継がれてきた貴重な職人技の伝統は、とても時間と手間がかかるアナログな技法ですが、革本来の風合い・魅力が最大限に引き出されます。イタリア・トスカーナ州で作られる植物タンニンなめし革は主に牛(牝牛、牡牛、仔牛)の原皮で作られ、ハーフカーフ、ベリー、ショルダー、フロント、バットの裁断部位が販売されます。厚さはさまざまですが、裁断に応じて、最小で0.7、0.8ミリから、最大で4.0ミリまであります。

アナログな技法だからこそのナチュラルレザー

「トスカーナ産植物タンニンなめし革」表示マークについて

イタリア植物タンニンなめし革協会は、後述のLa Perla Azzurra(ラ・ペッラ・アズーラ)社を含む、製革産業地区で事業を営むトスカーナの22のタンナーによって構成されています。「トスカーナ・エクセレンス」の保護・向上を図るために、イタリア植物タンニンなめし革協会が作り上げたのが、「トスカーナ産植物タンニンなめし革」品質表示マークです。一切の域外移転を行わず、100%トスカーナで作られた天然素材を原材料に、適法な工場において労働者保護を完全に保証し、かつ環境の持続可能性に配慮しながら、主に職人技と手作業の加工によって得られた製品。そのような製品の品質を保証するのが、この表示マークです。

革の品質保証カード

アナロジコの定番商品には革の品質保証カードが付いています

アナロジコの定番商品には革の品質保証カードが付いています。これは法律で禁止されている化学物質を一切使用せず、植物タンニンのみにより鞣されたイタリアンレザーであることを保証する、イタリア植物タンニンなめし革協会発行のギャランティーカードです。革を作るタンナーと製品を製造するメーカーに関連づけられたシリアルナンバーが振られており、厳格に管理されています。

革の品質保証カードがイタリアから届きました

La Perla Azzurraについて

イタリア トスカーナ州、フィレンツェとピサの間にあるサンタクローチェ地区は、ベジタブルタンニン鞣しの高品質の革を生産するタンナーが古くから存在する革職人の町です。

La Perla Azzurra(ラ・ペッラ・アズーラ)社はサンタクローチェにて、ヨーロッパ産の皮(主にフランス)を使用し、ベジタブルタンニン鞣しの革を50年以上にもわたり生産し続けている、歴史あるタンナーです。
伝統的な職人技術を用い、手間を時間をかけて、丁寧に革を仕上げています。

La Perla Azzurraについて
La Perla Azzurra Inglese
La Perla Azzurraの紹介動画
イタリア・トスカーナなめし革職人インタビュー
イタリア・トスカーナなめし革職人インタビュー動画
歴史あるタンナー

最高級の原皮

原皮の質が十分でないと、塗料を厚く塗って表面の傷を覆い隠します。
このことで、本革であっても革の表情が見えないビニールのような質感になってしまいます。

しかし、ミッスーリは、主にフランスから仕入れる、傷やシミの少ない選りすぐりの原皮から作られているため、表面を厚塗りの塗料で覆い隠す必要がありません。美しい、革本来の表情が生かされています。

最高級の原皮

独自のなめし製法

なめしの工程で特製オイルを十分に含ませるなど、独自のレシピで作られるミッスーリは、シボやシワなどの革らしい野性味ある表情を持ちながら、上品さを感じさせる革に仕上がっています。

また、革の硬さと柔らかさのバランスが絶妙で、アナロジコの製品によく合います。

独自の鞣し製法

La Perla Azzurraとanalogico

La Perla Azzurra社長の社長でありイタリア植物タンニンなめし革協会の副会長でもあるマッシモ・ボルドリーニ氏がアナロジコのアトリエショップに遊びに来てくれました。マッシモ氏との絆がanalogicoの高品質な革製品の礎です。

トスカーナ・タンナー展レポート

La Perla Azzurra社のマッシモ・ボルドリーニ
La Perla Azzurra社のマッシモ・ボルドリーニと末吉隼人

Missouri(ミッスーリ)

La Perla Azzurra社のMissouri(ミッスーリ)レザーは、じっくりとオイルに漬け込んだのち、数時間かけてドラム加工され、革の深くまでオイルが浸透しています。そのため、モチっとした独特な質感、イタリアンレザーらしい深みのある色合いが表現されています。革を折り曲げると、中に含まれたオイルが繊維内を移動し、革色が変化するプルアップ効果も特徴です。使い込む過程で内側から徐々にオイルが染み出し、美しい艶が出てきます。

レザーカラー

カラーは、ナチュラル、チョコ、ブラックの3色です。
どのカラーも使い込むほどに色が深まり、表情豊かなエイジングを楽しむことができます。中でもナチュラルは、ほとんど染色が施されていないヌメ革のため、シボやシワなどの表情がより強調される他、まるで白いパンがこんがりと焼けていくような色の経年変化を楽しめる革色です。

ミッスーリレザーのカラー展開
イタリアンレザーのミッスーリ

Dakota(ダコタ)

La Perla Azzurra社のDakota(ダコタ)レザーは、表面の平滑な仕上げが特徴の革です。主にフランス産の原皮を使用し、肩部分のキメの細やかな繊維のため、ハリとコシがあり、しなやかさを併せ持つ、強度のある革です。

レザーカラー

カラーは、キャメル、チョコ、レッド、ブラックの3色です。 analogicoでは、サッチェルバッグランドセルなどに使用しています。

ダコタレザーのカラー展開
イタリアンレザーのダコタ

革についての注意事項

バラキズや血筋

表面加工をほとんど施さないナチュラルな仕上げの革です。牛がもともと持っていたシワやたるみ、キズ、血管の跡など、痕跡がそのまま革の表面や裏面に現れています。余計な加工を施さない天然皮革だけで楽しめる自然の表情です。

バラキズの例
バラキズの例

縞模様(トラ)

アナロジコでは鞄づくりに最も適したショルダー部位(首から肩にかけての部位)を仕入れるため、「トラ」と呼ばれる縞模様が入ることがあります。ワイルドで野生的な雰囲気が楽しめる、ショルダー部位にしか現れない特別な表情です。これは、革のひび割れや亀裂ではないので、強度には全く問題ありません。

トラの例
トラの例

風合いの違い

もともとの皮膚のシミや色ムラはもちろん、革の繊維の密度や原皮の状態の違いにより、染めムラが生じます。また、シボ(革の表面の凹凸)が目立つ部分から、滑らかな部分まで、風合いも様々です。こうしたムラや風合いの違いが、自然な革の豊かな表情となっています。

ラナパー レザートリートメント
同じ商品でも表情が違います

色落ち・色移り

革の自然な表情を生かすため、表面に色止めなどの加工を施していません。ジーンズの色落ちと同じように、衣服とこすれたり水濡れにより、色移りすることがあります。使い込むと、色落ちや色移りしにくくなりますが、明るい色の衣服などに合わせてお使いになる際にはお気をつけください。

革から布への色移りの例
色移りの例

色味の違い

イタリアの職人の手作業により作られる、植物タンニンなめしレザーのため、革の色にブレがあります。また、一枚の革の中にも染めムラがあり、同じ革色、同じ商品を同時にご注文頂いても、色味が異なることがあります。また、一つの製品の中で、パーツごとに色味が異なることがあります。

色味の違い
同じ革色でも色味が違います

数字のスタンプ(鞄の内側、フタの裏等)

一枚の革の裏面(床面)には一箇所、革の大きさを示す数字がスタンプされています。アナロジコでは革を無駄にしないために、こうした部分も製品作りに用いています。そのため、鞄の内側や、鞄のフタの裏等に、スタンプが入る場合があります。

数字のスタンプ
数字のスタンプの例

床面(革の裏面)の色の違い

イタリアから仕入れた革は、そのままの厚さで使うこともあれば、厚さを調整するため革を漉く(薄くする)ことがあります。この処理の有無により、同じ革色でも床面(革の裏面)の色が異なる場合があります。また、同じ製品の中でも、床面の色が異なる革を使うことがあります。

床面(革の裏面)の色の違い
床面(裏面)の色が違います

経年変化

アナロジコで仕入れるイタリアンレザーは、質感や色合いの経年変化を楽しめる良質な植物タンニンなめしレザーです。使い込むことで深まっていく味わいは、革製品を使う醍醐味です。どの革色でもそれぞれの変化をお楽しみいただけますが、特にミッスーリレザーのナチュラルは、使い込むと大きく色合いが変化し、表情を変えていきます。

革の経年変化について
ミッスーリレザーの使用による経年変化
左:新品、右:1年半使用

メンテナンス

アナロジコで使うイタリアンレザーはオイルを多く含んだ良質な革ですが、定期的なオイル塗布で革を保護することで、より永く、綺麗に製品をお使いいただけます。メンテナンスには、ラナパーレザートリートメントがおすすめです。

ラナパーレザートリートメントについて
ラナパー レザートリートメント
定期的なオイル塗布がおすすめです

修理

使う過程で革や金具等にダメージが生じたり、糸が擦り切れたりすることがあります。修理は随時受け付けております。(修理について詳しくはQ&Aをご覧ください。

よくあるご質問
ラナパー レザートリートメント
糸の擦り切れの例