アナロジコのランドセル受注会 in 新潟

先週末の土日は、新潟にあるインテリアショップ、ボー・デーコールさんにてアナロジコのランドセルの受注会とコインケース作りを体験できるワークショップを行ってきました。

アナロジコのランドセルの特徴やお手入れ方法について、みなさんに直接お話し、ワークショップを通じて、ものづくりの面白さや革の特性を感じてもらうことができて、僕としても、とても有意義な時間になりました。

2日間の写真とともに、イベントの様子をお伝えします。

ランドセル受注会_ランドセルの説明

ランドセル受注会 お手入れ

▲補強の為に、かぶせ、本体、収納口の周り全てにパイピングを施したり、背中や肩当てのクッションは、肌触りの良い柔らかな革で包んだり等々、細部の特徴やこだわったポイントを詳しくお話ししました。

卒業してからも永く使ってもらえるようにデザインを考えて何度も試作を重ねて出来上がったランドセルです。

また、ランドセルを作る上で使用する革は、6年間の毎日の使用に耐えられるよう、丈夫なだけではなく、ハリとしなやかさ両方を兼ね備えた上質な革でなければいけません。

理想の革を探し求めてようやく見つけたのが、今年4月のトスカーナ・タンナー展で見つけたイタリア革でした。

革の詳細はこちら

ランドセル受注会 お手入れ

▲雨に濡れた時の対処法やお手入れについて、実演してお話ししました。

アナロジコのランドセルは、使い込むほどに艶が増し、色合いも変化していきます。使う中でつくキズやシミも良い味わいです。

時にお手入れをして、革の表情の変化を楽しみながら使っていただければと思います。

お話のあとはお待ちかねのワークショップです!

ワークショップでは、ランドセルのクッションを包む柔らかな革を使って、コインケース作りを体験してもらいました!

ランドセル受注会 ワークショップの様子4

▲「折り紙のようにこうやって折りたたんでください。」みなさん集中してよく聞いてくれています。

ランドセル受注会 ワークショップの様子1

▲カシメを打って形を作ります。まっすぐ打つのも、力加減も、初めてだとなかなか難しい作業ですが、みなさん慎重に、丁寧に取り組んでいました。

ランドセル受注会 ワークショップの様子7

ランドセル受注会 ワークショップの様子6

▲お子さんだけでなく、親御さんも真剣!

ランドセル受注会 ワークショップの様子2

▲完成したコインケースと。

ランドセルとお揃いの色です。キャメルの優しい色合いがとっても似合っていますね。

ランドセル受注会 ワークショップの様子8

▲姉妹で作った赤いコインケースは、イニシャルを刻印してお母さんにプレゼント。

ランドセル受注会_記念撮影1

▲たくさんのお客様にランドセルのご注文をいただきました。最後に記念撮影です。

黒いランドセル、かっこいいですね!決まってます。

ランドセル受注会_記念撮影2

▲赤いコインケースも作ってくれた女の子。鮮やかな赤がよく似合います。

ランドセル受注会_記念撮影6

▲一緒に記念撮影は恥ずかしかったようで、逃げられちゃいました。キャメルのランドセルはバッチリ似合っています。

ランドセル受注会_記念撮影3

▲ご家族で4つ、色とりどりにコインケースを作ってくれました。

ランドセル受注会_記念撮影4

▲ピカピカの1年生になる来年の春が待ち遠しいですね!

ランドセル受注会_記念撮影5

▲いい笑顔です。赤いコインケースも上手に作れました!

ランドセル受注会_記念撮影7

▲お揃いの黒いコインケースとランドセル。かっこよく出来ました!

たくさんの方と交流できて、僕自身多くの刺激を受けました。今後の鞄づくりに活かしていければと思います。ご参加くださったみなさまどうもありがとうございました。

これからランドセルづくり頑張ります。

こちらのランドセルは、アナロジコのアトリエショップでオーダーいただけます。

オンラインショップは商品ページを準備中で、7月中に公開します。

すべて僕一人で手作りしているため、作れる数に限りがあり、限定数の販売となりますことをご了承ください!

最近つくったオーダー品

最近製作した、オーダーメイドの鞄と財布をいくつかご紹介します。

▲かぶせの野性的なシボが特徴のワイルドショルダーバッグです。

革の端の部分の有機的な形をそのまま使いました。自然な形を活かすので、同じ鞄は2度と作れません。特に、このような大ぶりの鞄にぴったり合うサイズで形のきれいなものはなかなか見つかりませんが、偶然にも形がぴったり合い、良い雰囲気に仕上がりました。

素材をありのまま活かした鞄をつくるのが好きなのでこの鞄はテンションが上がりました。

▲カバのような顔の”ヒポバッグ”。丸みを帯びたかぶせのフタと、存在感のある2本のベルトがポイントです。素材はイタリアンレザーのミッスーリ。革のエイジングが楽しみな鞄です。

ずいぶん前にデザインしたこの鞄には思い入れがありまして、いずれ定番にします。

▲明るい茶と赤のコンビの財布です。素材はイタリアンレザーのエルバマット。オイルがたっぷり入っています。外側のデザインは、お客様がイメージデッサンをしてくれたものを元に製作しました。

▲こちらがお客様のイメージデッサンです。iPadで手描きしたそう!ちなみに、下の黒い線の図はお客様との打ち合わせの際に僕が描いたものです、、。コンビの革の組み合わせ方を示しています。

▲特別なのは、外側のデザインだけではありません。

外側のファスナーを開けると、またファスナーが・・・

▲内側のファスナーはガバっと大きく開く設計の小銭入れです。

カードは縦に3列でまとめてたくさん収納できます。

小銭入れを挟んで反対側には札束が入るようにマチ付きの札入れが付いています。

製作にはとても時間がかかりましたがご要望にお答えできてほっとしました。

また面白いものができたらご報告します。

 

さて、6/24(土)25(日)は、新潟にある家具屋さんボー・デコールにてアナロジコのランドセル受注会を行います。

明日から準備で新潟に行きますので、アトリエショップは、6/23(金)24(土)は臨時休業となります。

FUDGE 2017年7月号にサスペンダーとサッチェルバッグが掲載されました

1週間お休みをいただきましたが、本日より通常通り営業再開いたしました。
なお、明日6月18日(日)は臨時営業いたします。
こちらでご紹介するFUDGE掲載の商品もアトリエショップにて展示販売しておりますので、この機会にぜひお越しください!

 

FUDGE 2017年7月号にアナロジコのレザーサスペンダーとサッチェルバッグが掲載されました。  FUDGE_1707_hyosi

FUDGE_1707_p28

▲レザーサスペンダー ¥12,000+tax
レザーサスペンダーの商品ページへ

FUDGE_1707_p40_bag

▲サッチェルバッグ(中央) ¥35,000+tax

サッチェルバッグは商品ページを準備中です。

最近制作したオーダー品

最近制作したオーダーの鞄や小物をご紹介します。どれも一点物で、形や革に個性があるものばかりです。

オーダー ワイルドショルダー オーダー ワイルドショルダー

▲シボやシワが深く刻まれた革の質感と、切りっぱなしの革の荒々しさが相まって、ワイルドなショルダーバッグに仕上がりました。

 

オーダー ツールバッグオーダー ツールバッグ オープン

▲口枠を使ったクラシックな雰囲気のツールバッグです。内ポケットには細かな道具が収まるようになっています。

シャグポーチ ナチュラル シャグポーチ オープン

▲タバコの葉、巻紙、フィルター、ライターがぴったり収まるシャグポーチです。ミッスーリレザーのナチュラルで作りました。

ミッスーリレザーについてはこちら

アンティーク加工 ラウンドファスナー長財布

▲独特なアンティーク加工の革で作ったラウンドファスナー長財布

ミッスーリとは違う経年変化が楽しみです。

 

アナロジコのアトリエショップは明日6/10(土)から6/16(金)まで臨時休業いたします。

オンラインショップからのご注文や、メールでのお問い合わせは通常通りお受けできますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

トスカーナ・タンナー展レポート

La Perla Azzurra
今年4月にイタリア大使館にて行われた「トスカーナ産植物タンニンなめし革」の展示会レポートをホームページにアップしました!

アナロジコの定番商品に使用しているミッスーリレザーを鞣す、イタリアトスカーナ州の老舗タンナーLa Perla Azzurra(ラ・ペルラ・アッズーラ)社が来日。アナロジコが求める、最高品質の革を作り出す秘密をレポートします。
タンナー展レポートはこちら

新作!パスケースが完成しました。

新作のパスケースが完成しました!
前面と後面に1枚ずつカードを収納できる、とてもシンプルなパスケースです。

ストラップや金具を取り付けていないので、手の平に気持ちよく収まります。

パスケース チョコ 使用例 前面 ▲前面に1枚収納。 パスケース チョコ 使用例 後面 ▲後面にもう1枚収納。後面には窓があり、中のカードを確認できます。

こちらの商品は、『Father’s Day 特別企画』として短縮納期・無料ラッピングでお届けできる商品です。

詳しくは商品の詳細ページをご覧ください。

商品の詳細はこちら

TOKYO CRAFT MARKET ご来店ありがとうございました!

5月13日、14日の2日間に渡って開催されたTOKYO CRAFT MARKETが無事に終わりました。

初日はあいにくの雨で肌寒いお天気でしたが、そんな中でもご来店くださったお客様、本当にありがとうございました!

2日目は天気も回復し、たくさんの方との新しい出逢いがあり、充実したイベントとなりました。

TOKYO CRAFT MARKET 2017 05 アナロジコブース01

TOKYO CRAFT MARKET 2017 05 アナロジコブース04

▲アナロジコのブースです。ミッスーリのナチュラルカラーを中心にバッグや小物をたくさん用意しました。ネットショップでは買えない一点ものは、革の種類や色、形も様々。そんな商品との出逢いは一期一会で、イベントならではの楽しみでもあります。

TOKYO CRAFT MARKET 2017 05 友人と
TOKYO CRAFT MARKET 2017 05 お客様と

▲たくさんのお客様がアナロジコの商品を手に取り、それをきっかけに、ご自身の好きな革や鞄のことを話したり、愛用の品を見せたりしてくださいました。

こんな商品があったらいいな、と言う声も多くいただきましたので、今後の製作の中で形にしていきたいと思います。

TOKYO CRAFT MARKET 2017 05 会場02

▲TOKYO CRAFT MARKET

外国人のお客様がとても多かったです。アナロジコでも、タイ、チェコスロバキア、アメリカなど様々な国の方がショルダーバッグや名刺入れなどを購入してくださいました!

自分の作った製品が、それぞれの国や地域で使われることを想像すると楽しいです。

今回は生花や多肉植物を販売するお店も多く、会場がとても華やかでした。

Farmer's market 2017 05 会場01

▲同時開催のFarmer’s Market

 

次回開催は夏頃かと思います。また参加したいと思っていますので、詳細が決まりましたらNEWSにてお知らせいたします。

 

5月、6月は臨時休業日がありますので、アトリエショップにお越しの際はお気をつけください。

トップページの一番下にある、営業日カレンダーをご確認ください。

アトリエショップの古い道具、新しい道具

アナロジコのアトリエショップは、ABOUTで紹介している通り、僕の知人が革鞄工房として30年以上前から使っていた場所です。


アトリエショップ 金具の棚
アトリエショップ 道具

当時から使われてきたミシンや刻印機、抜き型など、鞄作りに欠かせない機械や道具は現役で、今でも毎日使います。金具を整理する棚や、革を裁断するのに便利な大きな机、床の古いタイルも昔のままです。古い工房で使われてきたものを受け継ぎながら、アナロジコに必要な新しい道具を増やしたり、ディスプレイ棚を自作したりしています。

そんなアトリエショップの道具や機械のことも、こちらのNEWSで時々ご紹介しようと思います。

 

今日ご紹介するのはこちらの機械です。

アトリエショップ 抜き型機

▲オーストラリア製のこの機械は「ハンドクリッカー」です。レバーを手動で下げてプレスし、型を抜きます。最大圧力は約5トン。ものすごい力です。

鞄作りには大小様々なパーツの切り出しが必要です。大きなパーツは型紙を使って手作業で切り出しますが、小さなパーツは抜き型とハンドクリッカーを使って型抜きをします。

このクリッカー、実は、アトリエに古くからある機械ではなく、アナロジコを始めてから僕が購入した新しい機械です。

アトリエショップ 抜き型

アトリエショップ 型抜き作業

▲ハンドクリッカーを買う前は、こんなふうに抜き型に木製の抑えを当てて、ハンマーを打って型を抜いていました。

ハンドクリッカーも手動なので充分アナログですが、こちらの方法はもっとアナログな感じがしますね。

機械がなくても型抜きはできますが、パーツによっては何度もハンマーを打たないと抜ききれないことがあります。

たくさんのパーツを連続して綺麗に型抜きするには、一度の動作(レバーを下げる)でしっかりと型が抜ききれるクリッカーがとても便利なのです。

アトリエショップ 抜き型

▲抜き型の大きさも形も様々です。この蝶ネクタイ型のパーツは鞄のどこに使われているものか分かりますか?

半月ショルダーバッグ チョコ ナチュラル

▲半月ショルダーバッグでも使われています。

(半月ショルダーバッグは近日中にネットショップにアップ予定です!現在アトリエショップにて展示販売しています。)

半月ショルダーバッグ リボン型のパーツ

▲ここです。ショルダーと本体を繋ぐこの部分に使っています。

 

さて、前回のNEWSでもお知らせした通り、今週末5月13日(土)、14日(日)は青山国連大学のTokyo Craft Marketに出店します。

ネットショップでは買えない一点ものもたくさんあります。みなさまぜひお越しください!

 

TOKYO CRAFT MARKET|Season 05 : Spring 2017

5月13日(土)〜14日(日)10:00~16:00

国連大学中庭

〒150-0001 東京都 渋谷区渋谷区神宮前5–53–70

 

 

 

GWは、ご来店の方にプレゼントをご用意しています!

ゴールデンウィーク、アナロジコは5/6(土)まで営業しています。

この期間にご来店いただいた方全員に、心ばかりのプレゼントをご用意しています!

ちょっと下見に…という方もどうぞお気軽にお越しください。

 

祝日なので、営業時間は10:00〜12:00/13:00〜19:00です。

 

アトリエショップ入り口

革小物、ハンドバッグ革鞄、リュック、トートバッグ

analogico アトリエショップ

商品を作りながら、皆様のご来店をお待ちしております!

 

そして、今月のイベントのお知らせです。来週末に東京・青山のイベントに出店します。

TOKYO CRAFT MARKET|Season 05 : Spring 2017

5月13日(土)〜14日(日)10:00~16:00

国連大学中庭

〒150-0001 東京都 渋谷区渋谷区神宮前5–53–70

TOKYO CRAFT MARKET analogicoのブース

▲前回、冬のTOKYO CRAFT MARKETの様子です。

▲Farmer’s Marketも同時開催!ご家族で楽しめるイベントです。

 

新作や一点物をどっさり持って行きます。

ぜひお越しください!