木材探しの旅


アトリエショップの定休日は、店を閉めながらも鞄制作をしていることが多いのですが、先日の月曜日は、早朝から車で山梨の富士吉田へ行ってきました。

目的はアトリエショップのディスプレイ棚や看板制作用の木材を手に入れるためです。

実は、富士吉田へ行くのは今年2度目。前回は、ディスプレイ用の流木を探しにこの近くのダムに出かけました。

 

その時は流木も手に入ったのですが、それ以上の収穫がありました。

 

前回、名物の吉田うどんを食べようとお店を探している時に、たまたま通りがかった古びた木造の工場。 

雰囲気のある建物に惹かれて立ち寄ってみると、雨ざらしでいい感じに古びた足場板を見つけました。これを、その会社の社長さんに分けて頂いたのです。

これがその時の流木と足場板です。

 

 

それから数ヶ月後、社長さんから、木材がたくさん出たからよかったら、とわざわざご連絡いただき、今回また木材をもらいに行くことになったのです。

会社の建物の一つ。富士吉田は絹糸産業が盛んだったそうで、養蚕業の名残の三角屋根が特徴の素敵な建物です。

この木材の山から好きなものを選んでいいとのこと!たくさんあって迷います・・・

選りすぐった戦利品。色も形もバラバラですが、目の詰まった質のいい木材です。

前回より大きな足場板もいただきました。ディスプレイの棚にそのまま使えそうです。

木材を選び終えたあとは、社長さんのウエストポーチのオーダーの打ち合わせ。

 

今使っているポーチの問題点や改良したい点を伺い、新しく作る形を決めました。

社長さん、お忙しい中いつも親切に対応してくださり、本当にありがとうございます。

 

いただいた木材でどんなディスプレイを作ろうか・・・現在思案中です。今後アトリエショップがどう変化するか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA