7月23日(日)は千葉・トミオマルシェvol.11に出店します。

今週末、7月23日(日)は千葉・トミオマルシェ vol.11に出店します!
ただ今イベント準備の真っ最中。
 
イベントのための商品を、新作含めて制作しています。
ビッグトート
こちらは今朝作ったばかりの一点もの!鞄いっぱいに荷物を詰め込んで、ピクニックに行けそうなトートバッグです。

口枠を使った新作リュックです。しっかりした持ち手がついていて、肩から降ろして手に持っても良さそうです。

小さめショルダーバッグ
小さめのショルダーバッグも新作ができました。今回のイベントのために作った商品です。

長財布や二つ折り財布、小銭入れなど、お財布の種類が豊富です!ブックカバーも、夏らしい爽やかな色合いで作りました。革の質感の違いも楽しみながら、ぜひお気に入りの色を見つけてください。

FUDGE 7月号掲載のサスペンダーもあります。夏はTシャツなどに合わせてカジュアルに、秋にはちょっとクラシックな雰囲気でも使えそうです。

四角リュックもMサイズ、Sサイズ両方揃えて作りました!できたてです。
 

昨年のイベントの様子です。お子様が楽しめるブースもあり、ご家族連れのお客様で賑わっていました!
お近くの方はぜひ遊びにいらしてください♪
 
 

日時
2017年7月23日(日)10:00〜15:00
 
場所
千葉市花見川区犢橋町1622-4

analogicoは第2会場 (トミオ第3駐車場)に出店します。
 
イベント詳細

tomiomarche

>>tomio marche’ vol.11公式サイトはこちら
 
※ご入場の際には受付が必要です。
トミオマルシェのDM(宛名印刷入り)をお持ちでない方は、ご入場前にご登録をお願いいたします。

>>登録はこちら

analogicoのランドセルを見てきました。

先日、アナロジコのランドセルを取り扱っていただいている家具屋、ボー・デコールさんの横浜店にお邪魔しました。

お店の入り口でたくさんの羊たちがお出迎え。アナロジコのランドセルの大きな看板もあります!


入ってすぐ、目立つところに、アナロジコのランドセルを置いていただいています。
 
お店の前を通る中学生たちが、「私もこんなランドセルが良かったー!!」なんて話していたそうです。
大人でも使えるようなクラシックなデザインと、本革のイタリアンレザーの質の良さが、ウィンドー越しにも伝わったのかなと思い嬉しくなりました。


アナロジコのアトリエショップにも何度も来てくださっている、スタッフの方。ランドセルの良さをさらにお客様に伝えていただけるよう、作りのこだわりや革の特徴などを改めてお話ししました。


大きなパネルには、昨年の新潟本店でのランドセル受注会や、クリスマスに完成品をお渡しした時の様子を伝える写真が展示されていました。先日の受注会でも印象的でしたが、ランドセルを背負った時の子どもたちの笑顔が最高です!

ボー・デコールさんの横浜店は、アートギャッベを中心とした絨毯や、リネンカーテンの専門店。

広々とした店内の最初の部屋には、色とりどりの美しいアートギャッべが展示販売されています。

ラクダやトリを描いたもの。

抽象絵画のようなものもあります。

ジグザグしたシマシマは水の流れを表します。女性たちの嫁入り道具として手仕事で作られるギャッベ。織り込まれたモチーフや文様には、それぞれに意味があり、願いや魔除けを表しているそうです。

ギャッベは経糸に緯糸を結びつけて織っていくのですが、これは結びつけた糸をしっかりと織り込むための道具です。道具にも手作り感が溢れています。
動かしてみると、平たい面に付いている金属の飾りが”シャンシャン”と良い音を出しました。アートギャッベが織られる場所ではこの心地よい音がリズム良く響いているんですね。

 

アートギャッベに使われる羊毛は草木染めで色付けされていて、使っていると長い年月をかけて色落ちし、表面の色合いが変化していきます。また、羊の毛に含まれるラノリンという油が、ジワジワと少しずつ出てくるので、使い込むほどにしっとりとした手触りに育っていき、風合いが変わっていくのだそうです。

 

経年変化を楽しめるなんて、なんだか革とそっくりですね。
手仕事から生まれる、素朴で温かみのある雰囲気に惹かれ、とても興味深く聞き入ってしまいました。

 
 

さて、アナロジコのアトリエショップでも現在ランドセルを展示しています。ご興味のある方はぜひお子様とご一緒に、お気軽にお越しください。
オンラインショップでは7月中にご紹介できる予定です。お待たせしてすみません!!
 
 
ランドセルにご興味のある方は、こちらのページもどうぞご覧ください。ボー・デコールさん新潟本店で開催したランドセル受注会の様子をご覧いただけます。

木材探しの旅


アトリエショップの定休日は、店を閉めながらも鞄制作をしていることが多いのですが、先日の月曜日は、早朝から車で山梨の富士吉田へ行ってきました。

目的はアトリエショップのディスプレイ棚や看板制作用の木材を手に入れるためです。

実は、富士吉田へ行くのは今年2度目。前回は、ディスプレイ用の流木を探しにこの近くのダムに出かけました。

 

その時は流木も手に入ったのですが、それ以上の収穫がありました。

 

前回、名物の吉田うどんを食べようとお店を探している時に、たまたま通りがかった古びた木造の工場。 

雰囲気のある建物に惹かれて立ち寄ってみると、雨ざらしでいい感じに古びた足場板を見つけました。これを、その会社の社長さんに分けて頂いたのです。

これがその時の流木と足場板です。

 

 

それから数ヶ月後、社長さんから、木材がたくさん出たからよかったら、とわざわざご連絡いただき、今回また木材をもらいに行くことになったのです。

会社の建物の一つ。富士吉田は絹糸産業が盛んだったそうで、養蚕業の名残の三角屋根が特徴の素敵な建物です。

この木材の山から好きなものを選んでいいとのこと!たくさんあって迷います・・・

選りすぐった戦利品。色も形もバラバラですが、目の詰まった質のいい木材です。

前回より大きな足場板もいただきました。ディスプレイの棚にそのまま使えそうです。

木材を選び終えたあとは、社長さんのウエストポーチのオーダーの打ち合わせ。

 

今使っているポーチの問題点や改良したい点を伺い、新しく作る形を決めました。

社長さん、お忙しい中いつも親切に対応してくださり、本当にありがとうございます。

 

いただいた木材でどんなディスプレイを作ろうか・・・現在思案中です。今後アトリエショップがどう変化するか楽しみです。

七夕の願い事

先日の七夕は、晴れて良いお天気になりました。
アトリエショップでは、短冊に願い事を書いて山手通り沿いの入り口に飾りました。

▲願いはたくさんありすぎて全て書ききれませんが、その中の一つを革の短冊に書きました。

▲通りがかりの方やご来店のお客様にも書いてもらおうと、革の短冊とペンを用意しました。

うちの七夕は、笹ではなくシェフレラです。アナロジコがオープンした時にうちに来た記念の木なんです。
 
 

閉店時に見てみると短冊の数が増えていました。
 

通りがかりの方も短冊をかけて行ってくれました。
この日は馴染みのお客様のご来店もあり、アナロジコへの応援メッセージが。みなさんありがとうございます!
 
閉店の片付けをしながらとても温かい気持ちなった七夕でした。
 

新作!サッチェルバッグ

サッチェルバッグ  ブラック

FUDGE 7月号に掲載されたサッチェルバッグの商品ページをアップしました!

サッチェルバッグ 3カラー
アトリエショップではキャメル、チョコ、ブラックの3色を展示販売しております。実物をご覧になりたい方は、どうぞお気軽にお越しください。
>>サッチェルバッグの商品ページへ

先週末は代々木公園のアースガーデンに出店しました。

初日の雨、2日目の猛暑の中お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!梅雨らしい季節を感じながら、出会った方々といろいろとお話できて有意義なイベントになりました。
アースガーデン2017夏 analogicoブース アースガーデン2017夏 analogicoブース FUDGE サッチェルバッグ

▲サッチェルバッグは、目に留めてくださるお客様が多かったです。

網かごバッグ

▲友人とコラボして作った手編みのかごバッグも持って行きました。夏にもぴったりの軽やかな鞄に仕上がりました!

こちらも引き続きアトリエショップにて展示販売しています。

 

次は7/23(日)に千葉市で開催のトミオマルシェに出店します。お近くの方はぜひお越しください!
>>トミオマルシェの情報はこちら

7/1(土)・7/2(日)は代々木公園アースガーデンへ!

梅雨に入り、少し動くと汗ばむようなお天気が続きますね。
 
鞄作りも、重たい革を広げてカットしたり革の端を磨いたりと、体を動かす作業が多いので、じんわり汗をかきながらアトリエで日々制作しています。
ポーチ製作風景
 
7月最初の土日はそんなアトリエを飛び出して青空の元、イベントに参加します!
アナロジコのアトリエショップのご近所、代々木公園にて開催されるアースガーデンです。
アースガーデンパンフレット

アースガーデン マップ

▲アナロジコは1日、2日とも出店いたします。(会場マップ12番、矢印の場所です)

アトリエショップのサンプル商品も多く持っていきます。一点物ですので、ぜひお早めにお越しください!
analogico アトリエショップ入り口
analogico アトリエショップ サッチェルバッグ
FUDGE 7月号に掲載されたサッチェルバッグも持っていきます。本日作ったばかりのできたてです。

analogico アトリエショップ 革小物
▲ご自身用はもちろん、プレゼントにもおすすめの革小物もたくさんあります。
 
お天気もいいようです。雑貨や服、飲食のお店がたくさん出店している賑やかなイベントですので、ぜひご友人やご家族とお越しください。
 
いつも地下1階のアトリエショップで制作に打ち込んでいるので、久しぶりの野外イベントに僕も今からワクワクしています。
 
 
earth garden ”夏” 2017 -Festival for Future-
2017年7月1日(土)〜 2日(日)
※雨天決行
【時間】
1日(土)10:00〜20:00
2日(日)10:00〜17:00

【場所】
東京都渋谷区 代々木公園 イベント広場・ケヤキ並木

>>アースガーデン公式サイトはこちら

アナロジコのランドセル受注会 in 新潟

先週末の土日は、新潟にあるインテリアショップ、ボー・デーコールさんにてアナロジコのランドセルの受注会とコインケース作りを体験できるワークショップを行ってきました。
 
アナロジコのランドセルの特徴やお手入れ方法について、みなさんに直接お話し、ワークショップを通じて、ものづくりの面白さや革の特性を感じてもらうことができて、僕としても、とても有意義な時間になりました。
 
2日間の写真とともに、イベントの様子をお伝えします。

ランドセル受注会_ランドセルの説明

ランドセル受注会 お手入れ

▲補強の為に、かぶせ、本体、収納口の周り全てにパイピングを施したり、背中や肩当てのクッションは、肌触りの良い柔らかな革で包んだり等々、細部の特徴やこだわったポイントを詳しくお話ししました。
 
卒業してからも永く使ってもらえるようにデザインを考えて何度も試作を重ねて出来上がったランドセルです。
 
また、ランドセルを作る上で使用する革は、6年間の毎日の使用に耐えられるよう、丈夫なだけではなく、ハリとしなやかさ両方を兼ね備えた上質な革でなければいけません。
 
理想の革を探し求めてようやく見つけたのが、今年4月のトスカーナ・タンナー展で見つけたイタリア革でした。

革の詳細はこちら

ランドセル受注会 お手入れ

▲雨に濡れた時の対処法やお手入れについて、実演してお話ししました。

アナロジコのランドセルは、使い込むほどに艶が増し、色合いも変化していきます。使う中でつくキズやシミも良い味わいです。
 
時にお手入れをして、革の表情の変化を楽しみながら使っていただければと思います。
 
 
お話のあとはお待ちかねのワークショップです!
ワークショップでは、ランドセルのクッションを包む柔らかな革を使って、コインケース作りを体験してもらいました!

ランドセル受注会 ワークショップの様子4

▲「折り紙のようにこうやって折りたたんでください。」みなさん集中してよく聞いてくれています。

ランドセル受注会 ワークショップの様子1

▲カシメを打って形を作ります。まっすぐ打つのも、力加減も、初めてだとなかなか難しい作業ですが、みなさん慎重に、丁寧に取り組んでいました。

ランドセル受注会 ワークショップの様子7

ランドセル受注会 ワークショップの様子6

▲お子さんだけでなく、親御さんも真剣!

ランドセル受注会 ワークショップの様子2

▲完成したコインケースと。

ランドセルとお揃いの色です。キャメルの優しい色合いがとっても似合っていますね。

ランドセル受注会 ワークショップの様子8

▲姉妹で作った赤いコインケースは、イニシャルを刻印してお母さんにプレゼント。

ランドセル受注会_記念撮影1

▲たくさんのお客様にランドセルのご注文をいただきました。最後に記念撮影です。

黒いランドセル、かっこいいですね!決まってます。

ランドセル受注会_記念撮影2

▲赤いコインケースも作ってくれた女の子。鮮やかな赤がよく似合います。

ランドセル受注会_記念撮影6

▲一緒に記念撮影は恥ずかしかったようで、逃げられちゃいました。キャメルのランドセルはバッチリ似合っています。

ランドセル受注会_記念撮影3

▲ご家族で4つ、色とりどりにコインケースを作ってくれました。ランドセルもお似合い!

ランドセル受注会_記念撮影4

▲ピカピカの1年生になる来年の春が待ち遠しいですね!

ランドセル受注会_記念撮影5

▲いい笑顔です。赤いコインケースも上手に作れました!

ランドセル受注会_記念撮影7

▲お揃いの黒いコインケースとランドセル。かっこよく出来ました!
 
たくさんの方と交流できて、僕自身多くの刺激を受けました。今後の鞄づくりに活かしていければと思います。ご参加くださったみなさま、どうもありがとうございました。これからランドセルづくり頑張ります。
 
こちらのランドセルは、アナロジコのアトリエショップでオーダーいただけます。

オンラインショップは商品ページを準備中で、7月中に公開します。

すべて僕一人で手作りしているため、作れる数に限りがあり、限定数の販売となりますことをご了承ください!

最近つくったオーダー品

最近製作した、オーダーメイドの鞄と財布をいくつかご紹介します。

▲かぶせの野性的なシボが特徴のワイルドショルダーバッグです。

革の端の部分の有機的な形をそのまま使いました。自然な形を活かすので、同じ鞄は2度と作れません。特に、このような大ぶりの鞄にぴったり合うサイズで形のきれいなものはなかなか見つかりませんが、偶然にも形がぴったり合い、良い雰囲気に仕上がりました。

素材をありのまま活かした鞄をつくるのが好きなのでこの鞄はテンションが上がりました。

▲カバのような顔の”ヒポバッグ”。丸みを帯びたかぶせのフタと、存在感のある2本のベルトがポイントです。素材はイタリアンレザーのミッスーリ。革のエイジングが楽しみな鞄です。

ずいぶん前にデザインしたこの鞄には思い入れがありまして、いずれ定番にします。

▲明るい茶と赤のコンビの財布です。素材はイタリアンレザーのエルバマット。オイルがたっぷり入っています。外側のデザインは、お客様がイメージデッサンをしてくれたものを元に製作しました。

▲こちらがお客様のイメージデッサンです。iPadで手描きしたそう!ちなみに、下の黒い線の図はお客様との打ち合わせの際に僕が描いたものです、、。コンビの革の組み合わせ方を示しています。

▲特別なのは、外側のデザインだけではありません。

外側のファスナーを開けると、またファスナーが・・・

▲内側のファスナーはガバっと大きく開く設計の小銭入れです。

カードは縦に3列でまとめてたくさん収納できます。

小銭入れを挟んで反対側には札束が入るようにマチ付きの札入れが付いています。

製作にはとても時間がかかりましたがご要望にお答えできてほっとしました。

また面白いものができたらご報告します。

 

さて、6/24(土)25(日)は、新潟にある家具屋さんボー・デコールにてアナロジコのランドセル受注会を行います。

明日から準備で新潟に行きますので、アトリエショップは、6/23(金)24(土)は臨時休業となります。

FUDGE 2017年7月号にサスペンダーとサッチェルバッグが掲載されました

1週間お休みをいただきましたが、本日より通常通り営業再開いたしました。
なお、明日6月18日(日)は臨時営業いたします。
こちらでご紹介するFUDGE掲載の商品もアトリエショップにて展示販売しておりますので、この機会にぜひお越しください!

 

FUDGE 2017年7月号にアナロジコのレザーサスペンダーとサッチェルバッグが掲載されました。  FUDGE_1707_hyosi

FUDGE_1707_p28

▲レザーサスペンダー ¥12,000+tax
レザーサスペンダーの商品ページへ

FUDGE_1707_p40_bag

▲サッチェルバッグ(中央) ¥35,000+tax

サッチェルバッグは商品ページを準備中です。

最近制作したオーダー品

最近制作したオーダーの鞄や小物をご紹介します。どれも一点物で、形や革に個性があるものばかりです。

オーダー ワイルドショルダー オーダー ワイルドショルダー

▲シボやシワが深く刻まれた革の質感と、切りっぱなしの革の荒々しさが相まって、ワイルドなショルダーバッグに仕上がりました。

 

オーダー ツールバッグオーダー ツールバッグ オープン

▲口枠を使ったクラシックな雰囲気のツールバッグです。内ポケットには細かな道具が収まるようになっています。

シャグポーチ ナチュラル シャグポーチ オープン

▲タバコの葉、巻紙、フィルター、ライターがぴったり収まるシャグポーチです。ミッスーリレザーのナチュラルで作りました。

ミッスーリレザーについてはこちら

アンティーク加工 ラウンドファスナー長財布

▲独特なアンティーク加工の革で作ったラウンドファスナー長財布

ミッスーリとは違う経年変化が楽しみです。

 

アナロジコのアトリエショップは明日6/10(土)から6/16(金)まで臨時休業いたします。

オンラインショップからのご注文や、メールでのお問い合わせは通常通りお受けできますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。