自然素材の風合いや手仕事の温もりを大切に

アナロジコは、東京、代々木に工房を構えるバッグブランドです。
革の風合いを活かしたシンプルで飽きのこない “永く使える鞄” を制作しています。

ブランド名のアナロジコはイタリア語でアナログの意味です。
アナログのイメージはかばん作りに共通します。
一つ一つの製品を丁寧に手作りする。そんな思いを込めて名前を付けました。

デザインをはじめかばんづくりのすべての工程を一貫して一人で行っています。
素材となる革は主に、イタリア・トスカーナ州のタンナーで時間と労力をかけて鞣されたベジタブルタンニンレザーを使用しています。
使い込む程に風合いの増す良質な革を使用し、一点一点手作りすることで、より一層愛着を持ってもらえる革製品になると信じています。

30年以上の歴史を引き継いだ
analogicoのアトリエショップ

東京の代々木にある古いマンションの、階段を下りた一室にanalogico(アナロジコ)のアトリエ兼ショップはあります。
鞄職人の知人が30年前以上前から鞄のアトリエとして使ってきた場所を受け継ぎ、アナロジコのアトリエショップに生まれ変わりました。
年季の入った鞄工房を活かし、古い道具や棚や机、床のタイルもそのまま使っています。
ミシン、革漉き機、糊付け機、刻印機等の機械は30年以上経った今も現役です。
永く使い込まれた道具や機械や空間には味があります。
アナロジコのテーマである「永く使える」かばんづくりは永く使われたものから生み出されます。

アトリエショップは手前が店舗で、奥が工房になっています。
店舗には、定番商品と共にサンプル品、アウトレット品、一点もの等のネットショップに載せていない商品も多数展示販売しています。
工房も見学自由です。お気軽にお立ち寄りください。

末吉 隼人

2015年10月
アナロジコ代表
末吉 隼人