自然素材の風合いや手仕事の温もりを大切に

アナロジコは東京・代々木の革鞄工房です。使う革は、イタリア・トスカーナ州のタンナーで熟練の職人によって手間をかけて鞣された ナチュラルレザー。使い込むほど味わいを増していく、素材の風合いを生かした革製品を作っています。 ブランド名はイタリア語でアナログを意味します。 大量生産とは違い、デザインをはじめとした制作工程の全てを 一貫して一人で行う、アナログな鞄づくり。 そうやって手間をかけて出来上がる製品には、手仕事ならではの 味わいが宿り、愛着を持って永く使われるものになると信じています。  
アナロジコ ABOUT
アナロジコ アトリエショップ
 

40年の歴史を引き継いだ analogicoのアトリエショップ

東京の代々木にある古いマンションの、外階段を下りた一室にanalogico(アナロジコ)のアトリエ兼ショップはあります。 鞄職人だった叔母が40年ほど前から使っていた鞄のアトリエ。この古いアトリエを受け継いで、2015年にアナロジコが誕生しました。 年季の入った鞄工房を活かし、抜き型やハンマーなどの道具や、たくさんの金具を整理するキャビネット、床のタイルもそのまま使っています。 ミシン、革漉き機、糊付け機、刻印機など、鞄作りに欠かせない機械は40年経った今でも現役です。 永く使い込まれたものや、歴史ある場所には深みと味わいがあります。 アナロジコのテーマである「永く使える鞄」は、永い間使い続けられてきたものから生み出されています。 アトリエショップのご案内はこちら
末吉 隼人
アナロジコ代表 末吉 隼人

静岡県出身。 ビーズアクセサリーデザイナー、舞台美術などの仕事を経て、手作り革鞄工房HERZに入社。10年間鞄職人としての経験を積む。 イタリアでの革の買い付けや開発にも携わり、大きな影響を受ける。

ナチュラルレザーならではの豊かな風合いを持つイタリア革に魅了され、素材を活かした革製品を作りたいという思いから独立。2015年10月、革鞄工房アナロジコを設立する。