ログイン

革の経年変化を楽しむ vol.2

前回「革の経年変化を楽しむ vol.1」では、レザーエイジングの仕組みや、エイジングする革の特性などについてみていきました。
 
ミッスーリレザー ナチュラルのエイジング
味わい深い経年変化は、植物タンニンなめし革(ナチュラルレザー)ならではのもの。
 
革に含まれるタンニン(植物の渋)が、紫外線にあたったり空気中の酸素に触れることによって酸化し、色が変化するのです。
そして、なめしの工程で含ませる油分が、革を触ったり紫外線に当たるなどの刺激を受けて徐々に革表面に滲み出て、革の表面をコーティングしていきます。
これが経年変化によって得られる艶の正体です。
 
一方、化学薬品の塩基性硫酸クロムを使ってなめされたクロムなめし革は、軽くて柔らかく丈夫であるというメリットがありますが、使い込んで味が出ることはなく、エイジングを楽しむ革ではありません。
 
 

エイジングの魅力

ミッスーリレザー見本帳
アナロジコで使うミッスーリレザーやダコタレザーは、イタリア、トスカーナ地方のタンナーLa Perla Azzurra社が、昔ながらの伝統的ななめし製法で作る植物タンニンなめし革です。
オーナーで鞄職人の末吉自身がイタリアへ行き、厳選した革を使っています。
アズーラ 革の展示会
アズーラ マッシモ社長
 
 
 

レザーエイジングギャラリー

人が使い込んだ革製品ってとても魅力的に見えませんか?
 
ここからは、実際にエイジングしたアナロジコの革製品を、定番のミッスーリレザーを中心にご紹介します。
使用期間は数ヶ月から数年まで様々です。

 
自分の革鞄や革小物はどんなふうにエイジングしていくのか、どんなふうに育てたいか、いろいろと想像が膨らみます!
私は、店頭でよくお客様にエイジングの具合を見せていただきますが、大事にされて、使い込まれたアイテムはどれもみんな素敵です。
 
ラウンドファスナー長財布 ナチュラル 使用期間3年
(ラウンドファスナー長財布 / 革:ミッスーリ 革色:ナチュラル 使用期間:3年)
こちらは、友人が使ってくれているラウンドファスナー長財布です。
ラウンドファスナー長財布 ナチュラル エイジング
新品(右)との比較はこちら。ナチュラルはほとんど染色を施していない明るい革色で、ヌメ革に近く、もっとも色の変化が顕著に現れるカラーです。
色だけでなく、オイルをたっぷり含んだプルアップレザーであるミッスーリならではの艶がとても綺麗に出ています。
手で触れれば触れるほど、革表面(革表面のオイルのコーティング)が磨かれて、艶が得られますので、財布などの革小物ほどこうした艶感を楽しむことが出来ます。
 
ラウンドファスナー長財布 ナチュラル 使用期間2年半
(ラウンドファスナー長財布 / 革:ミッスーリ 革色:ナチュラル 使用期間:2年半)
こちらも同じ長財布ですが、常連のお客様が使ってくださっているものです。
友人の財布とはアタリ(※)の出方も違います。中に入れているカードの容量や使い方で、人それぞれ形にも個性が現れるのが面白いですね。
 
>>ラウンドファスナー長財布のページへ
 
(※)「アタリ」とは、革の重なりや金具の凹凸、カードや小銭等の内容物などによって、革が内側から押され、押されている部分が他の部分より強く頻繁に擦れることで出てくる跡のことです。
 
 
月型ショルダーのエイジング ブラック 使用期間8ヶ月
(月型ショルダー / 革:ミッスーリ 革色:ブラック 使用期間:8ヶ月)
左は新品、右は自分でほぼ毎日使っている月型ショルダーです。ブラックはナチュラルのような革色の変化は目立たないですが、じわりと艶が出て、高級感が増し、とてもいい雰囲気に育ってくれるカラーです。
艶が出た鞄は水も弾く
使う過程で、ミッスーリレザーの持つ油分によって革表面がコーティングされ、こうした艶が出てくるのですが、艶が出てきた鞄はちょっとの雨なら弾いてしまうくらい使いやすくなります。
 
月型ショルダーのエイジング チョコ 使用期間3ヶ月
(月型ショルダー / 革:ミッスーリ 革色:チョコ 使用期間:3ヶ月)
こちらは同じ月型ショルダーのチョコ。お客様に使っていただいているものです。とても大事にされているのが伝わってきました。
始めよりすこし艶が出てきていて、ここからさらに色が深まり、艶が増していきます。
 
>>月型ショルダーのページへ
 
 
ミニウォレット エイジング
(カシメミニ財布 / 革:デッドストックレザー 革色:コニャック 使用期間:8ヶ月)
こちらはInstagramでとても反響の大きかった、カシメミニ財布のエイジング。手で触れる部分と、フラップで隠れる部分の差がはっきり現れています。
もともとの色は、ミッスーリのナチュラルより濃いめの茶色です。
デッドストックのレザーで、この革のカシメミニ財布は完売となりましたが、これまでご覧いただいた通り定番のミッスーリレザーでも魅力的なエイジングが楽しめます。
 
>>カシメミニ財布のページへ
 
 
四角リュックS ナチュラル エイジング
(四角リュックS / 革:ミッスーリ 革色:ナチュラル 使用期間:1年半)
自分で1年半使っていた四角リュックのSサイズです。左の新品と比べると別の色のようになりました。
あまりちゃんとお手入れしていませんでしたが、ミッスーリレザーはもともとオイルをたっぷり含んでいてとても扱いやすく、自然に色艶が増して味が出てくれました。

四角リュックS ナチュラル エイジング
雨の日も使って、濡れた後のメンテナンスをしなかったので・・・近くでみると雨染みもついています。
 
気になる方はメンテナンスをきちんと行うことで、雨染みも最小限に抑えられます。
濡れた時のお手入れ方法などは、こちらのBLOGに載せていますので参考にしてみてください。
>>雨の日、革鞄どうしてますか?
 
>>四角リュックSのページへ
 
 
小銭入れ付きキーケース ナチュラル エイジング
(小銭入れ付きキーケース / 革:ミッスーリ 革色:ナチュラル 使用期間:7ヶ月)
これはアナロジコの職人のみなみさんの小銭入れ付きのキーケースです。左が新品です。
艶はあまり出ていませんが、1年も経たない期間でここまで色が変わりました。
 
みなみさんは仕事中常にこのキーケースを机の上に置いていて、蛍光灯が当たり続けています。
蛍光灯の光にも紫外線は含まれますので、その紫外線によって、タンニンの酸化が早まり、革色が短期間で変化しました。
艶があまり出ていないのは、使用期間がまだ1年未満であること、また、手で触れる頻度が少なく、ラナパーなどオイルメンテナンスをしていないせいもありそうです。
 
よく触るほど艶が増し、触ったところほど色が変わり艶が出ます。
また定期的にラナパーで革製品全体を手入れしてあげると革表面の乾燥を防ぎ、艶も出やすくなります。
ミッスーリレザーの場合、もともと革がオイルを多く含んでいますので頻繁にラナパーを塗る必要はありません。
革小物なら1年に2〜3回、革鞄なら1年に3〜4回程度が目安です。
 
>>小銭入れ付きキーケースのページへ
>>ラナパー レザートリートメントのページへ
 
 
L字ファスナー財布 ブルー エイジング
(L字ファスナー財布 / 革:ミッスーリ 革色:ブルー 使用期間:3ヶ月)
お客様のブルーのL字ファスナー財布。※ブルーは数量限定で仕入れた色で、現在(2018年10月)は完売しています。
お尻のポケットに入れているので、形も変わっています。
 
L字ファスナー財布 ブルー エイジング
(L字ファスナー財布 / 革:ミッスーリ 革色:ブルー 使用期間:8ヶ月)
こちらはアナロジコのオーナー、末吉のL字ファスナー財布。
この財布も、仕事中作業台の上に置いたままのことが多く、常に蛍光灯に当たっていたため色の変化が早かったです。
また、よく触るので革もかなり柔らかくなりました。
L字ファスナー財布 ブルー
使い始めはこのような色でした。
鮮やかなブルーは徐々に味わい深いネイビーに変化していきます。
 
色の変化をゆっくりと楽しみたい場合は、蛍光灯や日光の光に当てる時間を少なくすることで、変化する速度を遅らせることができます。
 
 カシメミニ財布 ブルー エイジング

(カシメミニ財布 / 革:ミッスーリ 革色:ブルー 使用期間:半年)
すでに売り切れとなった限定カラーのブルーですが、とても魅力的なエイジングだったので続けてご紹介します。
お客様のカシメミニ財布です。まだ半年の使用ですが、丸まった形といい、色といい、使い込まれた感じが出ていました。

このコロンとした後ろ姿がなんとも言えません。
 
>>カシメミニ財布のページへ
 
 
大きめトート デッドストックレザー エイジング
(一点物大きめトート / 革:デッドストックレザー 革色:茶 使用期間:2年半)
以前作った一点もののトートバッグです。革の端の形を生かしたざっくりした作り。知人に仕事でがしがし使ってもらっています。
大きめトート デッドストックレザー エイジング
使う間にキズも付きますが、もともとがワイルドな鞄なので、キズすらかっこよく見えます。
手をかけて、キズをケアしながら使うのもありですし、キズはそのままで自然に任せたエイジングもまた魅力です。
 
※この鞄は一点物のためオンラインショップでの販売はしておりません。また、革はデッドストックで使い切ったためこの革での製品制作はできません。
 
 
ギボシキーケース チョコ エイジング
ギボシキーケース チョコ エイジング
(ギボシキーケース / 革:ミッスーリ 革色:チョコ 使用期間:1年半)
末吉が愛用しているギボシキーケースです。毎日よく触るので艶々になりました。
使い始めに少し固さを感じるギボシですが、使い込むと革が馴染んで柔らかくなり、片手で開閉できるほどスムーズに開けられるようになります。
革が馴染んでもギボシの金具の凹凸にちゃんと引っかかっているので、蓋が勝手に開いてしまうことはありません。
 
>>ギボシキーケースのページへ
 
 
通帳ポーチ ナチュラル エイジング
(通帳ポーチ / 革:ミッスーリ 革色:ナチュラル 使用期間:2年)
常連のお客様の通帳ポーチ。左が新品で、右の赤いりんごのキーホルダーがついているものがお客様のポーチです。
お客様はお財布代わりに使っていたそうで、革もくたっとして柔らかくなり、いい味が出ていました。
 
>>通帳ポーチのページへ
 
 
それぞれに使う人の個性が現れて、味わい深く経年変化していく革製品。使い込むほどに愛着が増していきます。
アナロジコで使うミッスーリレザーは、頻繁なお手入れも不要なので、初めて革製品を選ぶ方にもおすすめの革です。そして、もちろん革好きの玄人の方にも十分満足いただける質の良いイタリアンレザーです。
 
アナロジコのアトリエショップ
ぜひお越しいただける方は、アナロジコのアトリエショップで実際に製品を手にとって革の質感を確かめてみてください。
エイジングサンプルも展示していますので、どのようにエイジングしていくのか店頭でもご覧いただけます。
 
アナロジコのアトリエショップ
アトリエショップは工房とお店が一緒になっていて、間近にで製品が作られていく様子をご覧いただくことができるお店です。
革のこと、製品のことは何でもアトリエショップでご相談ください。
 
 
>>アナロジコの革製品一覧へ
>>アトリエショップのご案内へ
>>analogico

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気に入りリスト 0
お買い物を続ける