ログイン

雨の日、革鞄どうしてますか?

雨続きの毎日、皆さんは革鞄どうしていますか?

雨の日 レザーグッズ
植物タンニンなめしの革は濡れるとシミになってしまうから、梅雨の間や雨の日は革の鞄は使わない、という方が多いかもしれません。

雨の日 革鞄

もちろんそれは、雨染み対策には一番有効な手段だと思います。
お天気のいい日に、安心して使うのが一番です。
 
ただ、この梅雨の間も私は毎日このショルダーバッグで外に出かけています。
革 エイジング
右側は8ヶ月使っている月型ショルダーのブラック、左側は新品です。
革 エイジング
始めはマットな質感だったミッスーリレザーのブラックですが、使い込んで革に含まれたオイルが馴染み、じんわりと艶が出てきました。

ここまでくると、雨に塗れてもある程度水を弾くようになります。

雨 水濡れ 革鞄

ちょうど雨なので、濡らしてみました。 雨 水濡れ 革鞄
濡らすとこんな具合です。水はすぐには染み込まずに弾かれています。このまま放置すると染み込んでいってしまいますが、これくらいなら雨の日に外出しても、屋内に入った時にハンカチでさっと拭いてあげれば問題なく使えます。


一方、新品の革を水で濡らすと、2分も経たないうちに染みていきます。

そして、染み込んだ水の跡がかすかに残ってしまいました。
 
新品の鞄でも雨染みを残しづらくするにはどうしたらいいでしょうか。
ラナパー 革

丸で囲った部分にだけ保革オイルのラナパーを塗ってから濡らしてみました。すると違いが明らか!

使い始めにラナパーを鞄全体に塗ってあげると、雨染みができづらくなります。
 
ラナパー レザートリートメント

ただし、新品の革鞄にラナパーを入れると革色がワントーン濃くなりますので、使い始めの色合いを楽しみたい場合は、いきなりラナパーを塗らずに、使い込んで徐々に革を馴染ませてから塗るようにしてください。(写真のトレーの右半分にラナパーを塗りました。塗った部分はこのように色が濃くなります。時間を置くと少し落ち着きます。)

 

 

私のショルダーバッグはこれまでどんなふうにお手入れしてきたかというと、革の変化を楽しみたかったので、まずはラナパーを塗らずに使い始めました。
 
そして、日々のホコリや汚れを落とすため、たまに布で乾拭きしたり、汚れをしっかり落としたい時は、濡らして固くしぼった布で鞄全体を水拭きして、乾いてからラナパーを塗ったりしていました。
アナロジコ ショルダーバッグとラナパー
ラナパーを塗ったのは8ヶ月間で2回。薄く全体に伸ばした程度です。

ミッスーリレザー 
ミッスーリレザーにはもともとオイルがたっぷりと含まれています。日々鞄を使う中で、手で触ったり、服とこすれたりすることで、革の表面は少しずつ磨かれます。すると、革の内部に浸透していたオイルが表面をコーティングするような状態になります。このため、水をある程度弾くようになるのです。
 
私のバッグの場合は、お手入れの水拭きのあと、乾燥を防ぐために塗ったラナパーも撥水効果を発揮してくれたと思います。ラナパーを塗ることで、革はさらにオイルで保護されます。

 

さて、ここまではミッスーリのブラックで革の様子を見てみましたが、明るい革色のナチュラルだとどうでしょうか。

こちらも水で濡らしてみました。これは、ラナパーを塗っていない新しい革です。

ミッスーリレザー ナチュラル 雨染み

濡れたままにしておくと水がどんどん染み込んでいきます。

ミッスーリレザー ナチュラル 雨染み

10分後、革に水が染み込んで、うっすら跡が残ってしまいました。(写真だとかなり分かりづらいですが、水で濡れた形にシミになっています。)
こんな時はできるだけ早く、濡らして固く絞った布で革を湿らせてあげてください。
 
今回は濡れた部分を乾かしてからお手入れしましたが、本来は濡れ跡が乾く前にお手入れするのがベストです!

ミッスーリレザー ナチュラル お手入れ

濡れた部分を中心に濡らします。ゴシゴシこするより、トントンと軽く叩く感じでやってあげるといいですよ。

こんな風に、シミをぼんやりぼかす感じです。
 
このまま乾かします。

ミッスーリレザー ナチュラル

乾かすとシミがほとんど見えなくなりました!濡らして乾いた部分は革が乾燥しがちなので、完全に乾かしてから、ラナパーを薄く塗ってあげます。こうすればケアは完璧です。(写真はラナパーを塗り終えた状態)
 
次に、使い込んで艶が出てきたナチュラルでシミができるか見てみましょう。

ミッスーリレザー 雨染み

使い込んだミッスーリのナチュラルです。1年ほど使って色が濃くなり艶が出てきた状態です。

ブラックと同じように水を弾きましたが、少し時間をおくと革へ浸透していくのがわかります。

ブラックよりも水が浸透していく様子がよく見えるので、やっぱり雨染みがちょっと心配です・・・。

ミッスーリレザー 水の浸透

完全に染み込む前に、乾いた布で雨を拭き取りました。濡れた部分は色が変わって見えます。

このまま放置してみると・・・

ミッスーリレザー 水で濡らしたあと

消えました!シミになってしまうか心配でしたが、10分ほど放置していたら、雨に濡れたところはすっかり乾いて分からなくなりました。使い込んだ革の場合、水気を拭き取って早く乾くようにすれば、雨染みは残りづらいようです。

(※革のコンディションや濡れ具合によるので、目立たない場所でチェックしたり、雨のひどい日には鞄を休ませてあげましょう。)
 
使い込んで艶が出ている革も、繰り返し雨に濡れていると、革が乾燥してシミが残りやすい状態になりますので、3~4ヶ月に一度はラナパーを塗ってあげてくださいね。
 
 
革鞄はシミが心配で雨の日はなかなか使いづらいですが、オイルをたっぷり含んだミッスーリレザーなら、使い込んで艶が出てくる頃にはシミができにくくなります。そして、使い始めでも、お手入れ次第で雨染みを残りづらくすることができます。
革鞄 お手入れ
濡れた後のお手入れや、ラナパーを塗るなど日頃のケアで、梅雨どきもぜひアナロジコの革鞄を楽しんで使ってみてください。
 
 
ラナパーレザートリートメントは、アトリエショップ、オンラインショップともに販売しています。ワセリン状の程よい固さのオイルで使いやすく、付属のスポンジを使って簡単に革製品のお手入れができます。革鞄を始め、革靴やレザーや天然木の家具などのケアにもお使いいただけます。
 
>>ラナパーレザートリートメントのページへ
>>月型ショルダーのページへ
>>アナロジコの革について