ログイン

夏休みの穴場子連れスポット「東京オペラシティ」

アナロジコの住所は代々木ですが、最寄りの駅は京王「新」線の初台(はつだい)駅。(※京王線ではなく京王新線です。)
「初台」は新宿の隣駅です。
初台駅 南口 
 
ここ初台のランドマーク・東京オペラシティはアナロジコから歩いて5分のビルで、新国立劇場に隣接し、コンサートホールやアートギャラリーを備えた文化施設であり、たくさんのオフィスが入ったオフィスビルでもあります。


初台駅東口から直結で、オペラシティに行くことができます。(東口はアナロジコの中央口「南口」とは別の出口になります。)
 
アナロジコからも歩いてすぐなので、私たちにとっても、ご飯を食べに行ったり、中にある郵便局や「くまざわ書店」に行ったりと、とても身近な場所です。
 
平日の昼時はオフィスで働く方のランチで地下一階の飲食店も賑わっていますが、土日は逆に空いています。
涼しくて広々としたビル内は平日よりも静かで、実は小さい子どもを連れて行くには最適な場所なのです。
オペラシティ 一階
 
そんなオペラシティで、最近初めて行ってみたのが、『NTTインターコミュニティケーション・センター』([ICC])。
 
ここは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術を使ったアート作品に触れられる施設です。
中でもオープン・スペースは【無料】で楽しめて、子どもと一緒でも入りやすい展示室になっています。
(「オペラシティアートギャラリー」とは別の施設です)
 
>>『NTTインターコミュニティケーション・センター』サイトはこちら
 
保育園がお休みの日曜日、家もアトリエも飽きてしまった1歳の娘を連れて行ってきました。
オペラシティ 赤ちゃんでも楽しめる展示 ICC 
 
[ICC]はオペラシティの4階にあります。
オペラシティの案内図にはこの[ICC]のことがあまり書かれていなくて、初めて行く時はどうやって4階の入口へ行けば良いのかちょっと迷うかもしれません・・。
でも私のような近所の人にもあまり知られていない(?)からこそ、穴場なんです。

4階へは中央のエスカレーターでも行けますが、ベビーカーだったのでエレベーターを探しました。
オペラシティのエレベーターは目的階ごとに乗る場所が違って、どれに乗ったら4階へ行けるのかとても分かりづらいのですが、1階中央のエスカレーターの奥、郵便局へ進む通路の左手にあるエレベーターで無事4階へ上がれました。
 
オペラシティ ICC  さわるのふしぎ、ふれるのみらい
ここでは様々な企画展やワークショップなどのイベントが開催されています。今回私たちは、無料で入れるオープン・スペースに行って来ました。
 
入口の受付で簡単に施設の説明を受けて、お子さんと一緒だったら「こども向け鑑賞ガイド」をもらってください。

作品によっては体験できるのが中学生以上だったりします。
オペラシティ ICC 入り口
作品:《マシュマロモニター》 岩井俊雄
 
普通の美術館だと小さな子ども連れでは行きづらい場合もありますが、この[ICC]オープン・スペースは子ども連れの方がとても多くて、授乳室もあり、赤ちゃんでも気兼ねなく一緒に入れます。
展示室はベビーカーもOKでしたが、体験型の作品も多く、歩いて回りたかったので受付奥のベビーカー置き場に置いて、歩いて展示室を回りました。
 
写真撮影OKだった作品をこちらにいくつかご紹介します。
オペラシティ ICC 作品
作品(「人工生命」を中心とした研究についての紹介):「Artifical Life Larger than Biological Life」東京大学 池上高志研究室
オペラシティ ICC 作品
作品:《イマジナリー・ランドスケープ》 徳井直生+Qosmo
 
『さわるのふしぎ、ふれるのみらい』と題された、作品や空間を触ったり体感したりできる展示室がありました。
手で触ったり、振動や音を感じたりして楽しみました。
ICC さわるのふしぎ、ふれるのみらい

オペラシティ ICC 作品
物体に反応するセンサーを手の平につけて、白い箱が積み上げられた空間に入っていきます。センサーを向けた方向に物があると反応して振動で物の存在を知らせる仕組み。娘もセンサーをつけてもらって一緒に入ってみました。
オペラシティ ICC 作品
オペラシティ ICC 作品
手で直接触れたり、聴診器のようなセンサーを使って感触の違いを感じたり・・
オペラシティ 赤ちゃんでも楽しめる展示 ICC 

興味津々でいろいろと手を伸ばして楽しんでいました。
子どもの興味に任せてゆっくりまわって一時間半くらい過ごしました。
 
年齢によっても作品の見方や感じ方が変わるので、赤ちゃん、小学生、中学生、大人までそれぞれが楽しめます。
小中学生なら、夏休みの自由研究のヒントになる体験もできそうです。
 
 
その後は、地下一階のレストラン街へ。平日より空いているので、小さい娘と2人でゆっくりご飯を食べられました。
 
そんなこんなで、都心でも子連れでゆっくり遊べる初台のオペラシティ。新宿から一駅でアクセスしやすい場所にあります。
駐車場(有料/400台)もあるので、車でもお出かけできます。
夏休みに行くところに困ったら、一度遊びに来てはいかがでしょうか?
([ICC]もアナロジコも月曜定休なのでお気をつけください)
>>オペラシティへのアクセスはこちら
 
オペラシティで遊んだ帰りにはぜひアナロジコへ遊びに来てくださいね!
歩いて5分で着きます。
 

オペラシティを出たら、甲州街道と山手通りの交差点の信号を斜め方向(吉野家の方)へ渡ってください。吉野家から山手通りを下って行きます。

吉野家の前から、オペラシティを右後ろにして進む方向です。吉野家近くのファミリーマートを左手に見ながら通り過ぎ、そのまま真っ直ぐ進みます。

サウンドスタジオNOAHを過ぎて、数十メートルでアナロジコに到着です。

白い壁と赤茶色のレンガの建物。ここの地下一階にアナロジコのアトリエショップがあります。

アナロジコ 入り口
ここが山手通りから見えるエントランス。このまま真っ直ぐ進むと地下一階へおりる階段があります。
アナロジコ 入り口
一階から地下一階の入り口が見えます。ここの階段を下りてください。
ベビーカーや車椅子など、階段を下りられない場合は、お手数ですがお声かけいただくか、お電話ください。(tel:0362760136)別の入り口をご案内します。
私も普段裏口からベビーカーで中に入っています。
アナロジコ アトリエショップ

小さな工房兼ショップですが、どなたでもどうぞ気軽にお越しください。小さいお子さんも大歓迎です。
アナロジコ アトリエショップ
日曜日はこの人もアトリエで遊んだりしています。
みなさまのご来店をお待ちしています!
 

>>アトリエショップのご案内へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気に入りリスト 0
お買い物を続ける